top of page
検索
  • guitarportkobecom

NO.492 ゴダン A6

長田の粉もんヒーローのコテ乃介兄さんがゴダンのエレアコを持って来てくれました。

テレキャスターみたいなボディが薄いA6ですがエレアコのコテ乃介兄さんのお気に入りのギターです。

以前にもメンテナンスで持って来てもらったゴダンA6です。

3弦の12F辺りを弾くと音が小さくなるとの事でした。

フレットもそれほど摩耗していなかったので弦が結構古いので張り替えたら治るんやないかなーという感じでした。

前にメンテナンスしてから結構経っていたのでフレットやらペグ等結構汚れが目立っておりましたので出来るだけ奇麗にしました。

イコライザー裏の蓋のネジが1本でとまっておりましたので残り3本付けておきました。

ネックの反り、弦高も良い状態でお預かりしていたエレキ弦を張ると3弦の音も問題ありませんでした。

電気系の問題なくてイコライザーも正常です。

エレキのようなA6ですがボディはブリッジ周辺以外空洞の為に意外に生鳴りも良くて他に持っておられるギター同様に軽量で普段弾きで一番使っているとの事でした。


このゴダンを購入する前に知り合いのチャーリーコーセイさんが使っていたので欲しかったそうでたまたま近所のリサイクルショップでお安く出ていたのを入手されたそうです。

新品は高いのでお安くゲットされて良かったですね~

チャーリーさんと言えばルパン三世のエンディングテーマを歌われていて子供の頃、ルパンが終ってから流れる大人っぽい歌になんてかっこいい渋い歌なんや!と子供心に思っていたのを思い出しました。(中山手で今もお元気にバーをされているみたいですね~⁉)


コテ乃介兄さんもこれからもお元気で赤いジャケット着てかっこいい歌うたって下さいませ。

何時も御贔屓頂いてありがとうございます。

たまには弦も替えてあげて下さいね~笑



閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page