top of page
検索
  • guitarportkobecom

NO.440 謎のFranciscan フォークタイプ

謎の古いフォークボディーのfranciscanです。

また安っすいアコギをポチってしまいまして、私好みのトリプルオータイプで0フレット・アジャスタブルブリッジのFranciscanっていう聞いたことのないアコギですが、調べたら同じようなのがF-301って言っておりましたがラベルにも何もかいてませんので詳細は不明です。

ヘッドにも元からロゴもありません。

0フレットなので70年代初期に造られた個体としては使用感は少なかったのですが、ネックが順反りしていたのでロッドを締めようとしたら何だか空回りしていてロッドが効きませんので仕方なくネックアイロンで高い弦高(6弦12Fで約4ミリ)を下げてみました…

アジャスタブルサドルって言ってもブリッジの溝に調整用のネジのアンカーが無くて溝の底にネジが当たる名付けてなんちゃってアジャスタブルサドル仕様になっています。

なのでアジャスト用のネジが効かないようにサドルをべた付けになるようにサドルも牛骨で造り直して見た目だけのアジャスタブルサドルになってます。(ネジを回せばアジャストは出来ます)

ボディ内のサイドの継ぎ目のライニングが切り目がないタイプなので鈴木とかでもこんな感じのがあるので、ひょっとして鈴木製なのか⁈と思ったり、どうなんでしょうか…

アイロン後の弦高が1ミリ位下がって弾きやすくなったのでこのままで良いかなと、指板を剥がしてロッドを交換しようか迷ったのですが…なので一応ジャンクです。

ペグもばらしてO/Hしているので普通に使えますし白の丸いボタンが似合っております。


ジャンクなFranciscanですが、やっぱり0フレットなので弾きやすくてネックのスケールが630ミリで楽に弾けて以外に良く鳴ってくれるので、気になる方にはお安くしますよ~。

謎なFranciscan、味わいが合ってかわいい000タイプ如何でしょうか~


閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page