top of page
検索
  • guitarportkobecom

NO.408 ギルド F-20

いつも御贔屓頂いております垂水区からお越しのÝさんからギルドF-20のサドルの交換のご依頼いただきました。

ギルドの小ぶりなF-20です。

とても弾き易い低い弦高で6弦12Fで約1.3ミリ、1弦も1ミリちょいでオーナーさんの好きなネックがちょい逆反りにしているので6弦辺りが少しビビりが出ていて、サドルの6弦側に薄いシムを挟んでいるのでサドルを作り替えたいとの事です。

ネックを逆反りから真っすぐにすると少し弦高が上がってビビりもなくなるのですが(それでも6弦12Fで約1.8ミリ位…)そのようにするとハイフレットを押さえるのが少し弾きにくさがあるとの事なので、ネックを元の状態のやや逆反りの状態に戻して尚且つビビりが出ない位にナットを作り替えます。

デジタルノギスで元のサドルより0.2~0.3ミリ程度高いナットを作ってその分弦高も少し上がって6弦12Fで約1.5ミリ、1弦1.3ミリ位で何とかビビりも出ない状態に調整出来ました。

今回の弦高調整はかなり低い調整でかつネックをやや逆反りに敢えて調整しているので、これ以上に弦高を下げるとまたビビりが出てしまうというギリギリの調整でしたが、オーナーのÝさんが高齢で握力も弱くなっているのでエレキ並みのかなり低い調整のご注文でちょっと大変でしたが、ÝさんにF-20を試奏して頂いてビビりもなく弾き易いと納得していただけました。

普通はここまで弦高が低いとネックを真っすぐにしないとビビりが出てしまいますが、今回は超低めな弦高&ネックがやや逆反り&ビビりがない状態と厳しい注文でしたが何とかご期待に添える事が出来ました。

ほんとに弾き易いF-20ですが、Ýさんの沢山お持ちの他のギターもこれと同じ様にシビアな調整をされているので、ネックの状態もまめに調整しないとまたビビりが出やすいのでその際はまた診させていただきますので宜しくお願い致します。

このF-20と入れ替えに同じギルドの後継機種のM-40も持って来て頂いてピックアップ取付けのご依頼を頂いておりますのでまた紹介いたします。



閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page