top of page
検索
  • guitarportkobecom

NO.400 ヤマハ CPX1200

何時も御贔屓頂いております、ミナエンタウンのライブバー店主のÝさんからフレット交換のご依頼を頂きました。

Ýさんのお店でお客さんも弾いたりの看板ギターなので使用頻度も多いみたいで、1、2弦辺りのフレットの減りがあるので交換して欲しいとのことでした。

ローフレットで減りがありますのでフレット全数ではなくて減りの多い1~5フレット迄を部分的に交換します。


以前に購入していたフレット打ち込みの治具を久々に使ってみましたが、ちょっとガタあるみたいで使いずらくなっておりまして、普通に手でフレットを打ち込みました。

フレットがしっかりと打ち込まれていることを確認してフレットの高さを確認&すり合わせをして、カットした端の処理、フレットの磨き上げをして1~5フレットの交換をしました。

新しい弦を張って再度フレットの高さを確認して、各フレットでビビり等が無い事を確認しました。

今回はハイフレットの減りが無かったので部分的なフレットの交換をしましたが、こちらの方が全数交換するより費用はお安く出来ますが、指板の修正とかが出来ないので交換しないフレットとの高さのバランスとかを気にしながらの作業でビビりが出ると駄目なのでそれなりに気を使う作業になります。


出来上がったCPX1200を何とか年内にお渡しして、年明けからÝさんのお店で使われるそうなので、これからもお店で活躍されることを願っております。

何時も御贔屓頂きましてありがとうございます。


あっ、年内の営業は12月30日までで、1月2日から通常通り営業します。

来年度もGUITARPORTをよろしくお願いいたします。<(_ _)>







閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page