検索
  • guitarportkobecom

NO.307 アプローズ AEN 148

アプローズbyオベーションAEN 148のバッテリーBOXの蓋が無いので直して~とのご依頼を頂きました。

電池ボックスの蓋が取り外せるようになっているタイプみたいで無くしてしまってエレアコとして使えないので、外付けの安っすいピックアップを付けたけどノイズが酷くて~直して~との事です。

9V電池を入れて手で押さえるとバッテリーランプが点いたので電気的には問題ないようです。

最初、蓋を作って電池を押さえるようにしようかと考えていたのですがちょっと無理っぽいので市販の9V電池ボックスを取付けることにしました。

因みに元々、中古で買ったS村楽器さんに持って行ったら部品取り寄せて~、1万位掛かるっていわれたそうです(ほ~、お高いのね~じゃぁ半値位でやりまっせ~)

先ずは電池ボックスを外してみようとしたところ、電池ボックスの爪がボディーに噛んでいるところを外しても反対側が固定されていて取れずに裏蓋からどうなっているのか覗くとボディと電池ボックスが2本のネジで固定されていて、でも外側からはネジが見えないのでどうしたものかと考えていて、ひょっとして~と電池ボックスのApplauseと書いてある小さなところが怪しいと思い、そこを剥がすと思った通りネジの頭が見えたのでそのネジを外すと電池ボックスはあっさりと取れました。(;'∀')(ネットで調べても取り外し方が分からなくて嵌め殺しになっていて、いきなり躓いたので取れてほっとしました…)

新たな電池ボックスと元のとで取付け穴のサイズはほぼ同じで蓋の爪がある分そこをカットしたらすんなりと収まりましたが元のネジ穴の2箇所が少し見えてしまうのでそこは丸棒を埋めまして黒に塗ったら殆ど分からない位になりまして、配線をつないでネジで固定して取付け完了です。

電池をセットしてバッテリーランプも点灯しました。

我ながら新しい電池ボックスは違和感なく良い感じで取り付け出来ました。

裏蓋の配線のフックが外れていたので付け直して作業完了です。

全体を磨いてエレアコとして復活したアプローズをアンプに通して問題なく音がでておりました。

同様の状態でお困りの方がおられましたら今回と同様にバッテリーボックスを交換して直しますのでご相談くださいませ。

復活したアプローズをこれからも可愛がって下さいませ。

この度のご依頼ありがとうございました。




閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示