検索
  • guitarportkobecom

NO,267 フェンダーアメリカンアコースティックテレキャスター

御贔屓頂いております新長田の有名人のUさんこと粉もんヒーローの鉄板コテ之介さんよりフェンダーの最新モデルのアメリカンアコースティックテレキャスターの弦高調整のご依頼を頂きました。

前回のヴィンテージの000-28から現代にタイムトリップしまして~、フェンダーの新作でございます。

私としたことが~最新作のフェンダーのギターという事でどういう内部構造になっているか気になって見てみて、全体の写真を撮るのをすっかりと忘れておりました。

外観はテレキャスターなんですけど中空構造でサウンドホールから生音も鳴っておりましてそのまま弾いても結構鳴っておりますが、エレキでもありエレアコでもあるという今までにありそうでなかったスタイルで常に時代をリードするフェンダーらしい新しいスタイルのギターであります。

搭載された3つのピックアップでエレクトリックギターからアコースティックサウンドまで幅広い使い方ができるようです。(その内に国産のどこかのメーカーが同じようなのを真似して作るんでしょうね~価格はお安くお願いします~)

ボディーの質感がマット塗装でさらっとした感じが心地良くて中空構造なのでとてもボディーが軽くて楽に弾けて良いですね。

元々の弦高も充分低め(6弦12Fで約2.2ミリ、1弦で2ミリ)だったのですが、更に弾きやすくという事で約0.2ミリ程下げてみます。

黒いグラフテック製のサドルが付いていて底面をサンドペーパーで削って弦高を調整します。(ブリッジ部分は普通のアコギと一緒でブリッジピンで留めるスタイルです)

サドルを削っては弦を張ってを繰り返して予定通り6弦12F2ミリ、1弦1.8ミリに調整しました。

古いヴィンテージなギターも良いですけど新しいギターも実用的で弾きやすくてやっぱり良いですね~。

仕上がってコテ之介さんにお渡ししてハイフレットで弾き易くなったことを確認して頂きました。

帰り際にご近所の新開地・喜楽館で受け取って来て出来立ての落語会のチラシを頂いて、コテ之介兄貴もステージで歌を歌うねんという事で早速チラシをラミネートしまして店の入り口に掲示しております。

この場をお借りして告知させて頂きます。

11月2日(火)18時開場、18時開演 第4回 そして神戸 いまだに神戸 ~神戸出身・在住者の会~ 地元の落語家さんの楽しい落語をお楽しみ下さい!

チケット販売:喜楽館窓口、チケットぴあ、セブンイレブン

料金:前売り2,500円、当日3,000円

お問合せ&予約

TEL

090-5056-1618(団六プロ)

078-682-1617 (三ノ助事務所) MAIL:k3nosuke@yahoo.co.jp

という事で喜楽館まだ行ったことないし、落語嫌いやないし~なんちゅーてもコテ之介兄貴の歌聴きにこそっと行ってみよーかな~。



46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示