検索
  • guitarportkobecom

NO.149 モーリス TR256 TORNADO

モーリスのエレアコ、TR256を入手しました。

入手時、アンプから音が出ませんでしたのでどこが悪いのか見ていきましょう。

プリアンプの9V電池が切れていたので替えたのですが、それでも反応がなくバッテリーBOXの電池の接点をいじってみたら何とか音が出ました。

このエレアコはブリッジの下にあるピエゾPUとフロントにハムバッキングタイプのビルローレンスのPUの2系統になっています。

音が出たのですが、ボリュームを触ってもフロントPUから音が出ていません。

ピックガードを外して配線等をチェックしたり、ボリュームに接点復活剤を塗布してボリュームをいじっていると何とかフロントPUから音が出るようになりほっとしました。

このTR256は見た目ありそうでないルックス(エレアコにエレキのようなピックガードをつけていて)写真に撮ってませんが、ピックガードを外すとフロントPUの所は普通の丸いサウンドホールが開けられていて、ボリューム・トーンノブの所はその部分がカットされていて一目みて欲しくなりました。

サウンドホールが殆ど塞がれているので生音はイマイチですが、エレアコなのでルックス重視という事で…構造的には以前に所有していたTC-1と同じオベーションのようなグラファイト樹脂製のバック構造でこちらの方が湾曲が緩いので持ちやすいです(オベーションは湾曲がきついので持ちにくくて安定性が…)

あと以前のTC-1もストラップピンがこれも緩くてくるくると回るので長いビスだったので裏側からナットで固定して緩みをなくしました。

いつものように全体を磨き上げて、黒いボディが輝きを戻しました。

弦高も低くてエレキ並みの弾きやすさで人と違ったのをお探しの方にお奨めです。

お安くジャスト30000円(税込み本体のみ) で販売いたします。

ヨロシクお願い致します。


17回の閲覧
 

078-652-2221

©2019 by GUITARPORT. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now